【完全マニュアル】サブ3とは?いまさら聞けないサブ3の基礎知識

サブ3がなんなのかご存じですか?

周りのランナーが口にしていたり、ネットなどではよく見かけたりしますよね。

3時間切る?どれくらい難しいかイメージが湧かない。

そんなあなたのために、今回はサブ3の難しさやその価値について紹介してきます。

どれくらい練習すれば達成できるのかなども紹介しています。

最後まで読めばサブ3のことは網羅できますので、最後までぜひ読み進めていってくださいね!

 

サブ3ってどういう意味?

サブ3とは英語でいう「sub-3-hour」の略で、フルマラソンを3時間以内で走りきるという意味です。

subというのが「~以内」といった意味を持っているので、直訳すれば「3時間以内」となるわけですね。

フルマラソンと言えば42.195kmですから、3時間以内で走りきるのはなんとなく難しそうな気はしますよね。

とはいえ「正直イメージが湧かないし、どれくらい難しいの?」ってなるのが正直なところだと思います。

もう少し具体的に考えてみましょう!

 

サブ3ってどれくらい難しいの?

結論から言えば、サブ3は非常に難しいです。

最近ではフルマラソンを走りきった人の中でサブ3の人は3%くらいだというデータもあるくらいです。

(男性が3%、女性は0.4%)

すごく少ないですよね。

サブ3を達成する人は1kmあたり約4分15秒で走ることになるのですが、これは100mで言うと約25秒になります。

100mを25秒だと聞くとそんなにじゃ?と思うかもしれませんが、これが鬼キツイのです。

単純に考えてですが、100m25秒ペースを3時間続けるわけですから、筋肉も悲鳴を上げますし、体力も相当必要になります。

強靭な体力作りや体力を消費しないフォームで走ることが大事になってくるわけです。

サブ3達成は市民ランナーの中でも優秀なランナーの証とされています。

達成することは容易ではないですが、だからこそ達成した喜びが大きいことも確かです!

サブ3の難易度に関しては以前にまとめた記事があるので、きちんと理解したいかたはぜひ一度目を通してみてくださいね。

 

あわせて読みたい

サブ3達成の難易度は?サブ3の難しさとその実態
サブ3の難易度がどれくらいなのか知っていますか?タイムもある程度いい数字が出てきて、本格的にタイムを縮めていこうと思うと絶対に聞くことがあるのがこのサブ3。今回はこのサブ3の難易度について徹底的に解説していきます。これを読めば自分にサブ3が達成できそうか、わかるはずです。

 

サブ3ランナーがしている練習って?

サブ3を達成できるような強靭な肉体をつくるために、サブ3ランナーはどんな練習をしているのでしょうか?

実は本気でサブ3を目指したり、達成している人の練習はレースの半年も前から計画的に練習をしていることが多いです。

練習に耐えられる身体を作る時期、走力をしっかりと身に着けていく時期、レースに向けて走るペースなどを調整する時期。

といったように時期別で練習を選択して行い、効果的にトレーニングをこなしていきます。

サブ3を達成しているランナーが実際に練習で走っている距離は200km~300kmであることがほとんどで、平均でとっても毎日8km程は走っている計算です。

「え、毎日8kmも走ってるの?!」と思うかもしれませんが、実際はきちんと休みを作っています。

とはいえ相当な練習をこなすことになりますから、サブ3を達成する人の基準の高さがうかがえます。

サブ3を達成する人の練習メニューについては以前紹介しているので、興味があるかたは一度見てみてくださいね。

あわせて読みたい

絶対に失敗しない!サブ3のための練習メニューと注意点
サブ3ランナーがどんな練習メニューをこなしているのか。気になりますよね。今回はサブ3を達成するランナーの練習メニューと、あなた自身が練習メニューを組むときに気を付けるべき点について紹介します。自分の練習メニューが正しいか不安という方は是非読んでください。

 

サブ3を目指すのは誰にでもできる!

ここまでサブ3の説明や難しさについて紹介してきましたが、やっぱり自分には無理そう。とは思いますよね。

というか、そもそも目指すに至っていない方がほとんどだと思います。

しかしサブ3を達成した方も全員、初心者ランナーから練習を積んで達成しています。

サブ3を達成することにほとんど才能は関係なく、必要な練習を積むことができれば誰でも達成は可能とされています。

あなたも将来的にはもちろん達成可能なものではあるので、マラソンにハマって本気になったらぜひ目指してほしいと思っています。

 

楽しみながらマラソンを続けよう!

すべてのランナーがサブ3を目指しているのかと言われればそうではありませんし、そのための練習をしてない方の方がほとんどです。

最初は完走を目標にはじめ、サブ5、サブ4、サブ3.5、サブ3といった風に段階的に目標をあげていくものなんです。

他のスポーツでもそうですが、目標というのは楽しむことに物足りなくなってきた方が作るものです。

まずはマラソンを最大限楽しんで、自分が目指したくなったら目標を作ってみることをオススメしますよ!

spirits runでは「大人の挑戦」をテーマに日々多くのランナーのサポートをさせていただいています。

マラソンに本気で取り組んでいきたい!

これから本格的に記録を伸ばしていきたい!

そう思っているかたはぜひ下の記事を読んでみてくださいね!

ランナーが記録を伸ばしていくのにとって最も大事なポイントについてお話しています。

 

▼ 無料でレッスン動画配信中!

わずか7日間で腰高フォームを手にした方法
必死に練習してるのに結果が出ない…。そんな時に気をつける2つのチェック項目とは?

これからも楽しく、マラソンに取り組んでいきましょうね!

このコラムを書いた人

満武和樹

SPIRITS RUN ランニングコーチ

兵庫県出身。岡山県の倉敷高校県駅伝32連覇時のチームキャプテンを務め、箱根駅伝の常連である国士舘大学に進学。その後、市民ランナー密着型の実力派コーチとして、わかりやすく噛み砕かれた実践&指導の理論で、多くのサブスリーランナーを輩出するコーチとして活躍している。

PAGE TOP